転職活動時の面接で良い印象を与えるルックスのこと

転職活動に入ると、企業との面接の時だけでなく、転職エージェントとの面接時にはどのような格好で行けばいいか迷ってしまう人もいると思います。特に普段の職場でスーツやビジネス的な服装の制限がなかった人にとっては新しく新調することが必要になるかもしれません。仕事上に関する人との出会いの場となり、その第一印象というのはとても大切になるので、気を付けたいポイントをご紹介します。

第一印象は大切

転職エージェントから特別に服装の指示がなくても、最低限のビジネス感、清潔感は保つようにしましょう。私服で大丈夫ですと言われていたとしても、転職エージェントには仕事を探す目的で行くので、Tシャツやジーンズなどでカジュアルになり過ぎるのは良くありません。面接するキャリアコンサルタントやアドバイザーへの印象は紹介に少なからず関わってくることを覚えておきましょう。がちがちのビジネススタイルにこだわる必要はないですが、質素なモノトーンカラーでシンプルなデザインの服装で臨むのが賢明でしょう。

靴は履き慣れたベーシックなものを使う

転職活動では、不慣れな場所に訪問することがほとんどです。靴は買ったばかりの新しいものではなく、何度か履いて慣れたものを使うことをおすすめします。買ったばかりの靴だと無意識のうちに靴ズレを起こすことが多いからです。不慣れな場所を靴ズレした足で歩くことは辛いものです。その心境を面接に引きずってしまうことにもなりかねません。手持ちの靴に黒か茶色などのベーシックな革靴がなければ、すぐに買っておいて、何度か履く機会を設けて、ある程度の時間履き続けても苦にならないくらい慣れておきましょう。もちろん履き古したものは避けてください。

ボタンのゆるみや汚れを確認

転職活動に入ってすぐにチェックしておきたいのが、活動中に使用する服のボタンが取れそうになっていないか、汚れやシミがないか、長期間の保管で臭いが気にならないかということです。汚れや臭いについてはクリーニングに出すことが一番です。しわしわになっていないか、ヨレがないかを確認します。これらのチェックは、面接の前日であっては間に合わないことがあるので時間に余裕を持って確認しておきます。女性はスカートでもパンツスタイルでもストッキングを履いた方がいいので、どこに訪問する時も伝染対策として予備を持ち歩くようにしましょう。また、たとえ午後いちの面接予定だったとしても直前の飲食は避けるようにしたほうが賢明です。食べこぼしの汚れやシミをつけて慌てる可能性を避けるために早めに食べておくとか、面接が終わってからにするなど時間の割り振りをしましょう。

服装の前に習慣づけたい笑顔と姿勢

服装も印象を左右するものですが、他にも大切なことがあります。自然な笑顔を出せるようになっておくことです。笑顔が苦手だという人もいるでしょう。満面の笑顔でなくても、自然に感じよくすることに慣れておいて損はありません。苦手な人は日頃、鏡に向かう時などに口の左右の口角をクッと上げる習慣を続けてみてください。笑顔の筋肉が鍛えられて、鏡を見ていない時でもクッと意識することができるようになります。

また笑顔と同じくらい大切なのが、姿勢です。ピンと伸びた背筋は自分を堂々と見せるだけでなく、意識にも自信がついてくるから不思議です。面接時に緊張したり、委縮したりしてしまうと猫背になりやすい人がいますが、弱々しく、暗いイメージを与えてしまいます。

姿勢はその場しのぎに繕うことが案外難しいもので、ふと気付いた時にはだらりとなってしまうことがよくあります。面接の質疑応答に集中するあまり、気が回らなくなることもあるでしょう。つい普段の癖に戻ってしまいやすいです。日頃から立ち姿、歩き姿、座る姿勢を意識して、頭のてっぺんを糸で引っ張られているような感覚の癖付けを行っておいてください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です