転職活動の情報収集に転職エージェントをうまく使う

転職の際に活用できる転職支援のエージェントは星の数ほどあります。職種や業界を問わず豊富な求人案件を持っていたり、ある職種や業界に特化した求人を持っていたり、そのサービスの種類も広告方法も様々です。転職エージェントもビジネスで行っているのでメリット・デメリットありますが、有効な転職を効率的に進めるために、ぜひ活用されることをおすすめします。その際に心得ておきたいことをご紹介しましょう。

転職準備の際に積極的に相談してみる

転職エージェントへの実際の登録時には直接面接を行う会社を選びましょう。数多く存在する中から、いくつかのエージェントに絞って面接を受けておきます。この登録面接の時に、自分と相性の良いキャリアコンサルタントやアドバイザーを見つけましょう。話しやすい、質問に対して丁寧に教えてくれる、連絡がスムーズに取れるなどの条件は、実際に紹介を受けて面接、内定に至るまでに大きく影響するものです。

応募の時だけでなく、面接時や内定を得た後、就職に至った後もコンタクトをとれるような人を見つけておくことが理想です。キャリアコンサルタントやアドバイザーにとって推薦した人がどのように働けているのかを業績や成果として、採用する企業の目線だけでなく、働く人の目線でも知りたがっているものです。気持ちや企業の内情を可能な限り伝える機会を持つようにできれば、自分のことをより深く把握してもらうことができ、例えば次の転職に踏み切ることになっても相談に乗ってもらいやすくなります。

必ず転職先を紹介してくれるわけではない

必ず知っておきたいのが、転職エージェントに登録すると、自動的に就職が決まるわけではないということです。転職を支援する会社は顧客である企業と信頼関係を築いているので、求人の内容に合わない人を闇雲に企業に紹介したりはしません。採用担当者の要望に適う人を推薦し、企業の人材確保のための時間削減にも貢献しなければならないのです。自分で主体的に転職の準備を行い、コンサルタントやアドバイザーから職務経歴書の書き方や面接時のポイントなどからでも積極的に学ぶ姿勢を見せることが大切です。

応募時の信頼性の後押しをしてくれる

求人に応募する際に直接企業に応募すると、その企業からの信頼性は低いものです。職務経歴書の内容の信憑性も気にされることが多いものです。転職エージェントを介して応募をすると、キャリアコンサルタントやアドバイザーがまずは適任人材かどうかを判断してくれます。適している場合に企業に推薦してくれるわけですが、前にも述べた通り、転職エージェントは募集企業から信頼関係を築いているので、エージェントからの紹介は応募する人の信頼性を高めてくれます。

意思決定や条件交渉を任せられる

自分で直接応募をすると、企業との面接、就業開始日などの日程調整を直接行うことになります。転職活動を始めてから転職先で落ち着いて働けるようになるまで、迷いや戸惑いが色々な面で生じることはよくあります。キャリアコンサルタントやアドバイザーに、自分で言いにくいことや不安に感じることなどについて相談すればアドバイスをしてくれるでしょう。自分に代わって企業にうまく伝えてくれる場合もあるので心強いものです。キャリアコンサルタントやアドバイザーはその点も心得ていますし、気にかけてくれているものです。給与の交渉なども自分ではなかなか難しいことが多いものです。職務経歴書への記載や、面接で直接伝えることよりも、内定が決まってから行う方が得策となりますが、これについても任せることができます。

転職エージェントは、転職活動から内定後まで、こと細かに間に入って流れをスムーズにしてくれます。うまく活用してよりよい転職をしてください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です