転職エージェントで見つけるキャリア構築の味方

転職を考えた時にインターネット上の転職求人サイトに登録するという手段があることを知っている人は多いでしょう。複数のサイトに登録して、自分で検索をしたり、登録することで送られてくるメールの情報を選別したりするでしょう。その途中でなかなか思うような求人を探せなかったり、応募をしても面接に繋がらなかったりなど行き詰まってしまうことがあります。そんな時、相談できる人がいると助かるものです。

自分のキャリアを客観視するために

転職を効率的に進める助けをしてくれるのは、転職支援をしている会社のキャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーです。転職のノウハウをよく知っていますし、様々な転職のケースを見てきているので的確なアドバイスをしてくれます。転職の際に何から始めればいいのかわからない、履歴書や職務経歴書の書き方を知らない人でも積極的にキャリアコンサルタントやアドバイザーに直接会って相談してみるといいでしょう。

求人を見つけて職務経歴書を提出するなどして応募をしてもなかなか面接に進めない時というのは、職務経歴書の書き方が悪いばかりでなく、様々な選ばれない理由が存在します。応募先となる企業や転職エージェントとの電話やメールでのやり取りの段階でのビジネスマナー、そもそも求人内容と自分の経験やスキルが的を射ていないことがあります。

もちろん、過剰にアピールして求人内容に合わせたりすることは厳禁ですが、キャリアコンサルタントやアドバイザーは応募前から応募段階、採用に至るまでの過不足を見極めて、的確に「自分を」段階に応じて調整、調律する方法を指摘してくれるのです。客観的なプロの視点からの評価、アドバイスがもらえます。客観的とは、周りの人はあなたをどう見ているかということで、良い転職をするために、ぜひ知っておくべきことです。自分のことを自分で考えた主観ばかりだと、気付いてない適性や気づかなければならない性格が隠れていることが多いものです。

面接で「周りの人にはどういう性格と言われることが多いですか」という質問をされることもあります。返答を熟慮しておくことが大切です。

知ってもらっている分だけマッチ度が高まる

そもそも自分がどんな仕事をしたいのか、どんな仕事に適性があるのかが分からない人も多いでしょう。キャリアコンサルタントやアドバイザーとは、転職の際の職務経歴書や面接のサポート、わからないことへの回答だけが仕事ではありません。個性や性格の傾向を見て、適する職種や仕事の提案もしてくれます。話しやすいコンサルタントやアドバイザーを見つけておくのが得策です。

世の中には色々な職種があり、現代では新しい職種も生まれ続けています。自分だけでは知ることのできなかった種類の職種の中に、自分に合う仕事があるかもしれません。転職エージェントへの登録でそういった未知の職種に出会う可能性が広がります。また、転職エージェントは、転職サイトに出ていない案件も持っているのでマッチする隠れた求人案件を紹介してもらうことも可能になります。マッチする求人が出た時に思い出してもらえるようにキャリアコンサルタントやアドバイザーに予め相談して、自分のことをより深く理解してもらっておくことが大切なのです。

キャリアコンサルタントやアドバイザーは求人案件について、業務内容以外にも業界の傾向、顧客である企業とも密に交流を図って求人の要望のポイントを熟知しています。企業のことと自分のことを理解した上で紹介してくれるので、無駄な応募を重ねる頻度が低くなり、より自分に適した転職先を探すことができるようになるのです。自分だけでは分かりにくいことも明確になり選択の確実性や成功率を高める助けになるでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です