転職面接で採用担当者によく聞かれる質問への準備

転職活動を始めて書類選考に通ると、面接に進むことになるでしょう。面接では、頻繁に聞かれる定番の質問があります。面接は緊張してしまう人もいますが、事前によく準備をしておくとスムーズに回答する心の余裕を持つことができます。どんな質問を受けるかを100%予測することは不可能ですが、質問される頻度の高い内容についてのポイントをご紹介します。

自己紹介と志望動機は必須

「自己紹介をしてください。」「この会社に応募した動機を聞かせてください。」などは面接でよく聞かれることです。準備として、まずは最初から最後までを書き出して、伝えたいことが入っているか、分かりやすいかを検討してみてください。自己紹介については、その後にも細かな質問は続くので、大事な部分を大まかに触れるといいでしょう。さらに声に出してみて、滑舌の悪くなるような言葉があれば、言い回しを変えるなどして編集をし、何回も練習します。この時、一字一句のすべてを暗記してしまうと、面接で思い出せずに言葉に詰まったり、暗記したことを思い出そうとして身構えてしまい頭が真っ白になったりすることが多いので、あくまで、練習は口慣らしをしておく程度の方が効果的なようです。話す内容は概要を覚えておく程度で十分という余裕を持ちましょう。

ゆっくりと話し始める

緊張すると私たちはついつい早口になってしまうものです。早口は内容が伝わりにくくなるばかりでなく、印象も良くありません。話し出す最初を意識的にゆっくりと始めるようにすると早口になるのを抑える助けになります。名前を名乗る場合も、苗字と名前に少しだけ間を入れてみましょう。聞く相手は初めて会う面接官がほとんどでしょうし、あなたのことを書類の内容でしか知りません。新しい情報を聞いてもらっていると心得て、はきはきとゆっくりと話します。こうすることで最初から最後まで話す内容を理解してもらいやすくなります。

一言ではなくて、その根拠まで考えておく

「どのような業務をしてきましたか」と聞かれたら、勉強したことや経験したことを説明します。文書作成、データ管理、カスタマーサポート、リサーチ、コンサルティング、セールスなど色々とあるでしょう。転職活動の際に、きちんと経験した職務の詳細を振り返っておくことがとても役に立ちます。一つの質問に対して、回答とその手段を短めに考えておきます。例えば、リサーチであれば、インターネット、聞き込み、ニュース媒体、コネクションからの情報など調べて情報を得る手段が異なります。セールスも新規顧客をどのように開拓したのか、既存顧客の対応の方法はどんなものだったかは人それぞれ経験が違うでしょう。何をどのような手段で行ってきたのかを的確に言えるようになっておきましょう。

また、工夫や改善をした業務のことを聞かれた際にも、ファイル管理の徹底、間違いの防止、効率化対策、問題解決などがありますが、これらについても人によって方法や手段が異なるものです。使用したツール、頻度を増やしたこと、最優先で行ったことなどの手段やどうやって取り組んだのかという行程を答えられるようにしておくといいでしょう。面接官は、人材レベルの把握や求人内容との接点を探るためにこのような質問をすることが多いものです。

短く的確に回答する

実際の面接では、会話のやり取りの中で流れに沿って質問が出てくる場合もあり、自分の予想している質問に100%当てはまることは少ないでしょう。ただ、心掛けておきたいのはどんな質問をされても回答が長くなってはいけないということです。長くなると聞かれたことに対する回答に必要のないことや関係のないことに逸れることが多いものです。せっかくいい答えとしての内容が含まれていても、他のことが邪魔になってしまい、結局伝わらないとなってしまってはもったいないことです。聞かれた後にひと呼吸おいてでも短く答えることを意識してみましょう。聞いている人にとって、話と話の間の長さは、話している人よりも短く感じるものだということを知っておくと考えるひと呼吸も作りやすくなるでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です