転職前に自分のことを客観的に評価する手段と重要性

転職を決めてから、どのような職場を転職先として選択するか迷うことがあると思います。闇雲に探してもコレだ!と思う求人を特定しにくいものです。応募をする時にも、職務経歴書の書き方や面接で何を伝えればいいのかが分からないと何となく不安を持ったまま取り組むことになってしまいます。解決策として、まずは自分のことを客観的に評価する、つまり自己分析を入念に行っておくと転職活動がスムーズになっていくでしょう。

客観的な評価をするための手段

私たちは、自分を客観的に分析することを普段あまりしないものです。仮にしていたとしても自分のことをこう思っているという「主観」での判断であったり、毎日の中で蓄積された「思い込み」であったりすることが多いものです。それも自分のことではあるのですが、転職の際には、さらに深く掘り下げて自分のことを知ることが役に立ち、それが転職を成功させる必須の第一歩となるのです。

評価の内容としては、性格、個性、傾向、適性などが挙げられます。自分の生活や仕事を細かに振り返ってみてください。生活の中で好きなことは何か、没頭できることは何か、どんなことが楽しいと感じるか、どんなことを避けたいと思うか書き出してみましょう。

仕事をした経験があるなら、細かに仕事の内容を分割して、得意なことは何か、苦手なことは何か、モチベーションが上がったのはどんな状況の時か、逆に動作や行動が滞ったのはどんなことかを書いていきます。転職では、過去の仕事や職場に関して満足感を得た部分、不満点を再認識しておくことも重要です。

オンライン上で、性格・適性診断を行うサービスがあるので利用して、どんな結果が出てくるかを見てみるのも一つの手段です。また、客観的な視点を得るにはあなたをよく知っている家族や親しい友人に、自分の性格をどう思うかを聞いてみることも欠かせないでしょう。転職支援サービス会社に登録をすればキャリアコンサルタントやアドバイザーに転職相談をして、自己分析についてのアドバイスを貰うこともできます。キャリアについて相談しやすいコンサルタントを見つけて交流を保っておけば、専門的で客観的な意見が得られるでしょう。

これらのように、自分を客観的な視点で知る方法はたくさんあり、色々な角度から自分を評価することをお勧めします。

転職活動時に自己分析が役に立つ

転職活動に入る前に自己分析をきちんと行って自分をよく知ることができていると、どのような求人案件に応募するのかの条件がはっきりしてきます。自分にとってYESの内容とNOの内容が分かれば、取捨選択はスムーズになるのです。大まかには、オフィスで静かに仕事をする事務系、顧客と直接接することの多い営業職や接客系、工場や特定の現場での作業・技術系などがあります。職種だけでなく、募集されている求人の内容と、自分の個性や分析に照らし合わせての絞り込み、選択が正確になっていきます。

また職務経歴書を作成する時にも、何を記載する必要があるのか、どんなことを強調してアピールするべきかを判断するのに自己分析は大いに助けとなります。志望動機についても自分の適性や性格を盛り込んだ書き方ができるようになります。書類選考を通過できれば面接に進みます。

面接は誰でも緊張するものですが、自己分析を行っておくと、自信にも繋がります。もちろん質疑応答についての準備や練習も効果的ですが、実際の面接の際にどんな質問がされるのかというのを100%予測しておくことは不可能です。面接官も面接の流れの中で聞いてみたいことを不意に振られることもあります。自己分析をしっかりと行う中で、個性表現やアピールに繋がる場面や根拠が自分の中で明確になっているはずです。どんな質問を受けても、しっかりとはっきりと自分のことを伝えやすくなるでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です