あなたの職務経歴書はどちらが賢明?時系列式とキャリア式

転職の際に必ず作成して応募時に提出するのが職務経歴書です。履歴書のように一定の書式がないため、書き方に迷ってしまうことも多いでしょう。大きく分けると2種類で時系列式とキャリア式があります。自分の経歴の種類や量、または業界や職種によって使い分けた方が書類選考にも通りやすくなります。それぞれのメリットとデメリットを知って職務経歴書を作成する時の参考にしてください。

時系列式で書いた方が良いケース

時系列式は、歴史で習った時代年表のような形式のことで、年順に自分のことを並べて書いていきます。いつ、どのような業務に携わってきたのかが分かりやすい書き方です。年順に並んでいるので、業務に携わった期間についても分かる形式なので特定のスキルや職務がどれくらいできるのかを伝えることができます。

例えば、始めは経理のアシスタントとしてスタートし、経理の責任者となり、複数のアシスタントを統括するようになったという経歴で、経験した業界や職種に一貫性があるのならば、断然時系列式の方が有利です。転職ごとに、または経験を積むごとにキャリアアップして、設定した将来の目標に近づいたり、業務スキルを磨けたりしているのならこの形式がアピールしやすく、面接での印象も良くなるでしょう。強調したい部分は下線を引く、太字にするなどの工夫をしましょう。

時系列に沿って書くので、比較的書きやすいとも言えるのですが、関連性の低い経歴・職歴も書いておく必要があります。求人内容をよく見て、関連性の低いと判断できる経歴は限りなく少なめに、簡単に書くように努めてください。強調したい部分がきちんと伝わるように全体のシンプル性を保つようにします。また何をしていたのか分からない長期間のブランクがある場合は目につきやすいので、職務経歴書の中でも説明を加えておいた方がいいでしょう。

経歴・経験の浅い人は、研修やセミナーへの参加や自己学習をしたことも積極的に加えてください。その際にも長くなりすぎると逆効果になるので、求人の内容に関連するものを抜粋しましょう。

キャリア式で書いた方が良いケース

キャリア式は、スキルや業績、経験ごとに書くスタイルなので求人内容に合わせてアピールすることができる形式です。専門のスキルや技術を持っている人、異業種間の転職経験がある人、転職回数が多い人、経歴が長い人におすすめの書き方です。

異業種間であっても同じような職務内容を一括りにして一つの項目の中で、内容や習熟度を記載することができます。例えば、ワードやエクセル、パワーポイントなどの基本的なパソコンの操作であればどの業界・業種でも使用している確率が高いものですし、専門のIT 技術、通訳や翻訳経験、市場リサーチ業務など、それぞれについて使用場面と業務期間も合計して書くことができます。転職の回数が多い場合、前に挙げた時系列で書くと就職した企業をいくつも書き連ねることになります。職歴を一つ一つ書く必要はなく、その転職に必要性の低い企業・内容については省くことも可能になるのがキャリア式の特徴です。簡素に効率的に強みをアピールする得策と言えるでしょう。

その時の転職で役に立つ経験やスキルが、直近の職務経験ではない場合でも、アピール内容として最優先して並べることができるのは大きなメリットです。求人内容に即すものから伝わるような工夫をしましょう。実務経験自体を強みとすることも可能ですが、実績や数字を書き加えられるとより伝わりやすくなります。

マネージメントやリーダー経験のある場合も、規模や人数、期間をはじめ、成果や習得内容を分かりやすく加えておくと、就職した後の将来像を見てもらうことができるでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です