好感を持たれる職務経歴書を書くポイント

転職で職務経歴書の提出が求められたとき、その書き方に悩む人は多いものです。書類選考を一次審査にしている企業がほとんどですから、ぜひ会って面接したいと思ってもらえる「選ばれる」職務経歴書を作成しなければなりません。どのように作成出きれば採用担当者の目に留まるのかの対策をまとめてみました。

職務経歴書は「見られる」ものと心得る

はじめに覚えておきたいことは、採用担当者は職務経歴書を読まないということです。だらだらとした読み物のような職務経歴書は、読む時間が必要になるので不採用になる確率が非常に高くなります。つまり、パッと見て必要な項目や、魅力的な内容が伝わるような職務経歴書を作成することが採用に近づく第一歩となるのです。

職務経歴書の主な項目

職務経歴書には決まった書き方はないので、レイアウトも書く内容も自由です。反面、何をどこに書けばいいのかが悩みの種にもなります。記載する項目や順序、内容は、求人内容によって編集を重ねることが必要ですが、基本的な項目をいくつか挙げてみましょう。

自分の個人情報(名前、住所、コンタクト先)

学歴+勉強した内容

職歴+経験した職務内容

業績・成果

志望動機

能力・スキル

順序、書き方、言葉の選択を考える

個人情報は、面接したいと思った後に確認される項目です。見つけやすいように冒頭に記載するのがいいでしょう。他の項目については、求人内容をよく理解して求められていることを把握します。

それに対するアピールになりそうなことを、できるだけ職務経歴書の最初の段階に持ってくるようにします。各項目についても長すぎる文章は避け、2~3行の短い文章か、箇条書きにします。職務の内容や業績については、詳しく説明したいところかもしれませんが、箇条書きが良いでしょう。

短く表現するために、言葉の表現の幅を広げておくと書きやすくなります。求人内容には、様々な言い回しが端的に使われています。関連した求人を読み込んでいくと自分の職務経歴書に使う言葉の参考にすることができます。有効な言葉を選んで短い、確実に伝わる表現を駆使しましょう。

転職が多い、もしくは経歴が長い人、職務経験が豊富であっても2~3枚内にまとめるようにしましょう。 

細かな部分への気配りを怠らない

職務経歴書はビジネス文書なので、作成にはA4サイズを使います。ワードでの作成が主流でしょう。ひと通り書き終えたら、確認作業を入念に行いましょう。見やすさを向上させるための体裁のチェック項目を挙げてみましょう。

誤字脱字がないか

フォントは統一されているか

項目タイトルと内容を差別化できているか

右端と左端は揃っているか

段落分けは適切か

行間はうまく取れているか

十分な余白があるか(上下左右18㎜前後)

フォントの大きさは10.5~11ポイントを基準にして、書体は明朝体がおすすめです。項目タイトルは内容部分よりも少し大きめにして、太字にしておくと見やすくなります。全体を眺めた時に、左右の端が揃っているか、タブなどを使って段落分けをしている場合は特に、全体にずれがないかなどを確認しましょう。余白は上下左右20mmほどを標準にして最後に改ページのバランスを調節して整えましょう。

転職エージェントのキャリアコンサルタントや周りの第三者に目を通してもらうと間違いを見逃すことなく完成させることができます。訂正や修正のアドバイスがあれば適宜編集できるように作成したファイルはきちんと保存をしておくことが大切です。

企業への提出時にはPDFファイルにしておきましょう。提出ファイルの体裁によって、内容の伝わりやすさが変わってきます。シンプルにまとまっていると最初から最後まで目を通してもらいやすくなります。また仕事の正確性やセンスが問われることを覚えておきましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です