適切な転職前準備で余裕をもって成功に繋げる

転職活動をしていく中で、企業に応募して面接まで行けたとしても、内定に辿り着けないことが続くと気持ちは焦りと不安でいっぱいになることがあります。その焦燥感から、四六時中、転職活動に時間を費やし、繰り返し応募する企業の反応に振り回されては効果的な転職活動とは言えません。適度な余裕をもって転職活動を行うためのポイントをご紹介します。

転職を考えた時の現職の辞め方の鉄則

転職理由がどんなものであっても目の前にある現職の業務の手を抜かないことが大切です。転職する意志が固まったら、会社に事前に伝え、担当業務の引継ぎや必要な手続きをしっかり行うことに注力しましょう。実際に企業に応募したり、面接を受けたりして動くことは退職をしてからでも決して遅くはありません。転職を考える理由は、個人個人、企業によって異なるものです。マイナス要素としては、人間関係、残業や休日出勤が多い、給与や福利厚生への不満、家庭内の事情などがあります。一方で将来的なキャリアを考えた上でのスキルアップや自分に必要と感じる職種への挑戦などであればプラス要素となるでしょう。しっかりと責任を持って仕事を勤め上げるという経験や身に付くスキルや自信は、転職の際の応募企業の選定要素としてだけでなく、転職活動をする自分の心理にとても大きな影響力を与えるからです。

また転職活動時は収入が途絶える可能性もあります。日頃から自分の収支の管理をして、退職時点で生活費にある程度の余裕を持っておくことが大切です。金銭面での心配があると、内定を得ることや収入を得るということだけに意識が行きやすくなり、転職する本来の目的が曖昧になってしまうことが多いです。

どんな理由で転職を考えたとしても、辞める前の鉄則として覚えておきましょう。

職務経歴書は定期的に更新しておく 

転職をする際には、必ず職務経歴書を作成し、応募する企業に提出することになります。その時になって1から作成するのは得策ではありません。企業に就職する際に提出した職務経歴書は定期的に見直し、アップデートしておくことをお勧めします。企業で、または社会で経験を重ねるごとに職務経歴書に書けるスキルや業績が加わったり、内容に変化があったりするはずです。このことは転職を考えている時でも、考えていない期間でもぜひ行いたいことです。できるようになったこと、業務の成果、目標達成度、問題解決経験の蓄積といった仕事を通しての自分の成長を客観視することにも有効になり、いざ転職活動を開始する時の、次のキャリアの方向性や業界や職種の選択がしやすくなります。

更新をする媒体として職歴やスキルをリクナビ、DODA、JACなどの求人サイトに登録しておくのもおすすめです。転職を希望している時でも、希望していない時でも無料で登録することができます。特定の業界や、技術・スキルに特化した案件を持つ求人サイトもあるのでキーワードで検索してみるといいでしょう。転職支援を行っている人材紹介会社などに登録をすれば、キャリアコンサルタントに個別に相談ができ、職務経歴書の書き方や面接対策など細かなアドバイスを受けることができます。人材紹介会社は企業のことをよく理解して求人案件を出しているので、インターネット上だけでは見えない、より詳しい企業情報を教えてもらえるのが特徴です。相談しやすいキャリアコンサルタントを見つけて、職務経歴書を見てもらうといいでしょう。

数年前の内容のままだったり、どの企業にも同じ内容を送ったりしていては採用担当者に選んでもらうことは難しいでしょう。いざ応募したい企業が見つかった時には、必ず業界や企業のことをよく研究し、その企業や求人の内容に即した経験や志望動機に編集することが必要です。

職務経歴書の更新を定期的に行っておくと、転職の際に有効な前準備となり、時間に余裕をもって転職活動を行うことができます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です