転職で求人の中の業務内容を的確に知る

転職の際にハローワークや転職エージェントサイトを情報源として求人検索する人は多いでしょう。営業職、事務職など職種がマッチしているからといって安易な応募は避けることが大切です。詳細をよく理解していないと、応募から面接に至ったとしても採用される確率は低く、無駄な時間と労力、お金まで使うことになってしまいます。業務内容の理解は転職を効率的に成功させるために欠かせないものなのです。

業務内容をもれなく理解する

勤務地、業界、職種、スキルなど自分の大まかな条件や希望で求人を絞り込んだ時にでてくる求人情報、もしくは、登録している転職エージェントなどからの求人案件を検討する時、そこに応募するか、しないかの判断に迷うこともあると思います。判断の基準として欠かせないのは求人情報の1件、1件に書かれている業務内容です。ほとんどの場合、実際どういう仕事をするのかが箇条書きされているでしょう。その一つ一つの項目をもれなく確認することが大切です。

未経験者で新しい職種に挑戦する場合、記載されている業務内容が分かるかどうかがポイントです。その仕事についての基本的な知識や業務の流れを調べておくことも重要です。業務内容の中にわからない専門用語や行程があれば、知らないままで放置せずに調べたり、経験者に聞いてみたりして必ず理解することが先決です。

確認しながら実際にそれを行っている自分を思い浮かべてみましょう。自分にできることなのか、未経験だけれどもやってみたいのか、今後身に付けたいことなのかを思い巡らすことは効果的な判断材料になるでしょう。

転職エージェントに企業情報を聞く

業務内容についての疑問や不明瞭な点について、詳しい情報を得るには、その求人広告を出している転職エージェントに質問をしてみるのも得策となります。

職種について未経験だと、職種自体のことを十分にわかっているかどうか不安になるものですし、職種についての“わかったつもり”や“間違った思い込み”があることも多いです。転職エージェントに相談をすると、無効な応募や間違った選択をする確率は下がります。また、その職種についての理解度を高めることにも繋げられるでしょう。

経験のある職種に応募する場合でも、企業によって求められるレベルや、業務の流れが異なることが多いです。求人内容によっては複数の職務の兼任や突発的に発生する可能性のある業務なども含んでいるケースもあります。それが未知なものであるなら、必ず自分が受け容れられるものかどうかを確認することが必要です。

転職エージェントは、そういった点でも顧客である企業のことと求人広告に記載されている内容のことをよく理解しているので的を射た説明をしてくれるはずです。

転職エージェントへの問い合わせをする場合、経歴や希望内容を登録しておくとスムーズに対応してもらえるでしょう。企業のことだけでなく転職者の要望やバックグラウンドがわかると選択方法や適性、ポイントなどのアドバイスがしやすくなるのです。自分の検索や情報収集では見えにくいその企業の特色、雰囲気、将来性といった部分も転職エージェントのコンサルタントは熟知しているものです。業務の中身を求人広告以上に詳しく知ることができ、かつ自分の適性についての配慮もしてくれるので応募の際の的確な判断材料になるはずです。

転職を成功させるために

業務内容は転職後、責任を持って毎日行っていく事柄になります。しっかり理解することを怠ると、たとえ採用されたとしても、こんなはずではなかったのに・・・という結果になり、不満を持って仕事をすることになりかねません。そうなると何のために転職したのかの意味がなくなってしまうので、応募の時から業務内容についても、よく吟味しておくことが必要なのです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です