転職エージェントを利用する応募や面接の流れ

転職エージェントを利用して求人に応募する時や面接に出向く際、仲介してくれるエージェントのキャリアコンサルタントとのやり取りが発生します。キャリアコンサルタントも転職を成功させるために一生懸命にサポートをしてくれますが、自分側でも一つ一つの転職活動の進行をスムーズにするために心掛けることがあります。転職エージェントを利用するさい転職活動でよくある場面をご説明します。

転職エージェントへの登録時

転職エージェントに登録時に、面接が必要になるところも多いです。面接時に遅刻したり、無断で行かなかったりするとキャリアコンサルタントからの信用がなくなり、紹介の可能性を落とすことになります。もし不都合がある場合は必ず連絡を入れるようにしましょう。

まずは、転職の経緯や自分のキャリアに関する希望や悩みなどを本音で伝えることが大切です。登録の際には必ず職務経歴書を提出する必要がありますが、提出の方法は紙媒体、メールでワードファイルやPDFファイル、エージェントサイト内のフォーマットなど異なる場合があるので、登録時に連絡確認をするといいでしょう。

職務経歴書の内容を編集するようアドバイスを受けた場合に、すぐに対応できるようにきちんとパソコン上に保存しておくようにし、できるだけ早いうちに更新した職務経歴書を提出するようにしてください。キャリアコンサルタントは待つ間にも多くの転職希望者に接しているので、面接での印象が薄れないうちに、アドバイスに応じる姿勢が大切です。

求人の紹介を受けた時

適した求人案件がある時にキャリアコンサルタントから連絡をもらうことになります。求人内容の不明点や、募集企業のことについては遠慮なく質問するようにしましょう。キャリアコンサルタントは、企業の社風や職場の雰囲気、その求人募集の背景をよく把握しているものです。求人の文章だけでは伝わらないことも教えてくれることがあります。キャリアコンサルタントと相談しながら、そして自分自身でも検討、熟慮して応募するかどうかを決めましょう。応募をする時はもちろんですが、辞退する場合も必ず連絡を入れるようにしましょう。

企業面接の時

応募した書類選考に通ると、企業での本番面接に進みます。必要事項や日程調整はすべてキャリアコンサルタントが行ってくれます。この面接の当日までのやり取りは非常に重要です。何かあればすぐにキャリアコンサルタントに連絡を入れて企業に伝えてもらうことが必要です。その間に、企業で進行している選考状況の情報も入る場合もあります。まずは決まった日に、遅刻しないよう、忘れ物のないよう、天候対策なども留意して面接の場所に向かうようにしてください。面接後は必ず終了の連絡を入れ、面接時の感想や印象などを伝えておくことも大切になってきます。忘れずに行ってください。

なかなか決まらない時や仕事に就いた後も

転職活動を始めて、応募や検索を続けてもなかなか決まらないと焦るものですが、その進捗状況もキャリアコンサルタントに伝えておくようにしましょう。状況を把握してもらうことは心強いものですし、その間にできることのアドバイスを受けることができるでしょう。こまめな連絡をすることで、気に留めておいてくれるので適した案件が出た時には真っ先に思い出してもらえるでしょう。

また、転職が決まって就職した後、安定するまでの時期に仕事の状況などを連絡することは、キャリアコンサルタント側からも喜ばれるものです。その後は仕事のことを抜きにしてもお付き合いを続けておくと、またキャリアのことを考える際に、友人以上に強力な助っ人になってくれることでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です