面接時にうまく伝わる返答をするために心掛けること

面接時は誰でも緊張するものです。遊びではないので適度な緊張感は必要ですが、緊張しすぎるとうまく言葉が出てこなかったり、自分が何を言っているのかわからなくなったりすることはよくあります。面接のチャンスは一度限りです。的確な面接官とのやり取りをして、うまく自分を伝えて良い印象を残すために心掛けたいことをご紹介します。転職活動の準備として、また不採用になった時の反省ステップとしても役に立ててください。

質問の内容を理解するために

面接での失敗の一つに、質問に対して面接官が聞きたいことと違うことを答えてしまうということがあります。基本のキとも言えることですが、まずは面接官の一言一言をよく聞いて、質問の意図を理解することが大切です。何が聞かれているのかわからない、複数の答え方が浮かぶような時には、遠慮せずに「どういう意味でしょうか」「もう一度おっしゃっていただけますか」と聞き返しましょう。分からないまま、黙ったり、無理に話をしようとしたりしては減点対象になるだけです。丁寧に聞き返せば悪い印象になることはありません。逆に自分の言葉を理解してもらうために難しい言葉は避けるようにしましょう。

ゆっくりと、ハキハキと答えるために

もともと早口の人は要注意です。面接の場面でもついつい早口になってしまいます。早口になると無用な内容まで加えてしまうことが多いものです。始めの一言をゆっくり切り出すことや、質問を受けてから即答えるよりも、ひと呼吸おくことを心掛けるといい防止策になります。声のトーンも基本は高めの方が快活な印象が残ります。元気な方が好印象ですが、面接官との対話ですのでオフィス中に響き渡るような声の大きさでは行き過ぎです。営業、コンサルタント、カウンセラーなどの職種では、深いトーンで且つ聞きやすい声だということも面接官には好印象に残るケースもあります。

短く答える癖付けをする

一つの質問に対して、的確に短く答えるという癖をつけておきましょう。回答が長くなればなるほど、面接官の質問の的から外れてしまうことが多くなります。長くなると、面接官があなたの答えの中に回答を見つけるのが難しくなるばかりでなく、無駄な冗長は嫌悪感=悪い印象に繋がってしまいます。質問を受けたら、まず結論で短く答えます。まずは1質問に1回答を用意しておきましょう。日頃から色々なことについてまず短く結論を言葉にする習慣をつけておくと役に立ちます

経歴や業務内容の説明も短くまとめて答えるのがベストです。面接官は必要に応じてその回答の理由や根拠を掘り下げて聞いてくることがほとんどです。準備段階では伝える伝えないに限らず、用意した回答の理由、根拠の説明までを考えておいてください。具体的でイメージのしやすい表現を使うようにしましょう

上記のような準備をしておくと「面接で何を聞かれるのだろう」という不安が少なくなり、面接自体に堂々と臨むことができるようになります。落ち着きがあれば、予測不可能だった質問が投げられた時でも冷静に自分のことを言葉にする余裕が得られていることに気付くでしょう。

回答の際には、語尾の「です」「ます」「います」までしっかりと答えるようにしましょう。単語だけなど中途半端に返答することは、若者言葉、子供っぽい印象を与えてしまいます。ビジネスの場面ではタブーとなる事柄です。

冷静になるために練習を重ねておく

一生懸命になるあまりに感情が高揚してしまい、面接時の言葉や態度に出てしまうことがあります。一部の面接官は候補者のストレス体制や感情コントロールの能力を見るために、わざと煽るような質問や失礼な態度を見せることもあります。たとえ不快に思っても、振り回されない冷静さを保つ精神力を見せることが大切です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です